香川畜産

ごあいさつ

代表

基本理念

1.資源の有効活用と安心、安全な豚肉の供給
2.地域との共生
3.働く環境の向上と福利厚生の拡充

会社方針

弊社は、消費者の皆様に、安全でおいしい豚肉の供給を目指し、生産性とコスト削減に日々努力をしております。また、医食同源の言葉通り、食は「命」です。その命を大切にして、豚を飼育することを会社の根源として取り組んでいます。

経営理念

1.資源の有効活用と安心、安全な豚肉の供給
2.楽しく働ける環境づくり、労働環境の向上と拡充
3.地域との共生を通した日本の農畜産業の発展への貢献

信条と行動における7か条

1)安全・安心
お客様に安全・安心な豚肉を供給するため、豚の健康を第一とした育成環境、衛生管理、製品管理を大切にします。
2)誠心誠意
常に周囲に心を配り、誠実に一つ一つの事にあたります。
3)チームワーク
共に働く社員、パートナー、地域・自治体と相互協力を行い、物事に取り組みます。
4)切磋琢磨
社員一同が目標を共有し、各自が切磋琢磨し成長していきます。
5)創意工夫
既存の習慣に囚われず、生産性向上に向け新しい方式・アイデアを考えます。
6)楽しく働く喜び
目標の共有と、その達成に向けて協力し合いながら、我々にとっても楽しく夢のある職場をつくります。
7)地域共生
恵まれた地域資源に感謝し、地域を支えながら共に歩みます。

会社概要

社名 有限会社 香川畜産
代表者 代表取締役社長 香川貴俊
本社所在地 〒889-1301
宮崎県児湯郡川南町川南16440-3
TEL. 0983-27-7707
FAX. 0983-27-7708
農場所在地 宮崎県児湯郡川南町大字平田3117番地
資本金 1200万円
設立 昭和51年
従業員数 22名
役員 取締役会長 香川 雅彦
専務取締役 香川 洋子
取引銀行 宮崎銀行

アクセス

沿 革

昭和40年 現社長の父が農業の傍ら、600頭の肥育経営を始める。
昭和43年 繁殖素豚を導入し、母豚50頭の一貫経営に移行。
昭和51年 母豚150頭への拡大。
法人化 有限会社香川畜産に組織替え。
昭和55年 現社長 雅彦が大学卒業後に就農。
昭和63年 現社長 雅彦が社長に就任。
母豚200頭に拡大。
平成7~8年 ウルグアイランド畜産総合再編事業により、隣接地に農場移転。
それに伴い母豚540頭一貫農場に拡大。(第一農場)
平成22年 宮崎県にて口蹄疫の発生。
4/20 当農場も感染を確認(125例目)。6/2 全頭殺処分。
11/7 経営再開。
平成24年 母豚780頭繁殖農場を建設。(第二農場)子豚は、宮崎経済連に販売し、再開農家に供給。
AIセンターを建設。
平成27年 600頭肥育農場を建設。(三井農場)
平成28年 平成28年度全国優良畜産経営管理技術発表会 農林水産大臣賞受賞。
平成29年 第56回 農林水産祭 天皇杯受賞。
令和2年 香川貴俊が代表取締役社長に就任。
令和3年 有限会社 宮﨑繁殖豚センターを子会社化。